クイーン「メイド・イン・ヘブン」リミテッドエディション(再販版) を買ったのでちょこっと紹介

   今年クイーンが結成50周年を迎えました。

   それを記念して全アルバムのリミテッドエディションが5月に日本でのみ再販されました。


   再販を知ったとき僕はクイーンのアルバムをMQA-CDシリーズで買いそろえている途中でした。別のシリーズのアルバムが途中に混ざるとアルバムをCD棚に並べたときに見栄えがよくありません。

   とはいえ、せっかく50周年を記念してアルバムが再販されるのですから、そのお祭りに乗っかってみたい!というのも心情です。

   そこでフレディが存命中の"innuendo"まではこれまでどおりMQA-CDでそろえて、フレディ没後に発売された「メイド・イン・ヘブン」のみリミテッドエディションで買うことにしました。

   今ならトレーディングカードも付いてくるということですし。


   で、届いたのがこちら!!

クイーン「メイド・イン・ヘブン」リミテッドエディション(再販版)


   右側の黒い小袋がトレーディングカードです。

   絵柄は全50種類あるそうです。


   どうせ1枚だけしか購入予定がないので、願わくはメンバー全員がそろっているものがいいなと思っていたら……


   じゃん!!

クイーン トレーディングカード No.6


   音楽誌「ミュージックライフ」を持ったメンバー全員が写った写真でした。やった!

   


   さてさて、肝心の音楽CDの方はDisc1とボーナスEPの2枚組です。

クイーン「メイド・イン・ヘブン」リミテッドエディション(再販版) Disc1

クイーン「メイド・イン・ヘブン」リミテッドエディション(再販版) Disc2


   MQA-CDはどのアルバムもすべて緑色のCDだったので、きれいなピクチャーレーベルのCDは地味に嬉しいですね。


   メインのDisc1はまだ聴いてません。

   クイーンの他のアルバムを全て聴き込んだあとに聴く予定です。


   ボーナスEPは「メイド・イン・ヘブン」と関係のない④⑤のみ聴きました。

   ④「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」はピアノとフレディのボーカルのみのバージョンです。ピアノの旋律の美しさとフレディの歌声の力強さが光ります。これは音数を減らしてシンプルになった以上の魅力があります。おすすめ。

   ⑤「ロック・イン・リオ・ブルース」はジャムセッションのブルースナンバー。ライブバージョンです。



   今回僕が買った「メイド・イン・ヘブン」以外のリミテッドエディションアルバムではデビューアルバムの「戦慄の王女」が良さそうですね。

「炎のロックンロール」のディ・レーン・リー・スタジオ・デモなどが入っているので。


   とは言っても、集まったばかりのクイーンのアルバムをまた買いなおすのもなぁ。

   悩ましいところです。


コメント